<   2018年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

熱~い、熱い!連日のレッスンの合間を縫って、8月最後の火曜日に
「さち式線引き読解*認定講師研修」をしていただきました。

さち先生のブログにも、こんなに素敵にご紹介いただきました!

https://ameblo.jp/sachi-kokugo/

2018年1月に、認定講師になってからも
毎月1回、必ず、研修会があります。


事前に、疑問点、問題点などを さち先生にご連絡すると
その一つ、一つに丁寧に答えてくださいます。
8月は、実践授業 もしていただきました。

教師というのは、特に個人塾の場合、孤独なものです。
日々変わる生徒の状況、
大手塾の模試の傾向、
志望校別対策などの受験の動向、
など、日々のあわただしさの中で 振り回されそうな数々を
豊富なご経験とともに、しっかりとサポートしていただけます。

毎回進化している、さち先生の「線引き読解」の最先端
余すことなく、しっかりと教えていただける上、
抱えている問題、疑問にも、細やかに対応してくださいます。

この毎月の研修会のおかげで、
自信をもって「さち式線引き読解」のレッスンができるし
それが、お子さまお一人お一人の成果として
しっかり身についている!と 思う毎日です。


e0365999_21191937.jpg
この夏休みも、たっぷり、しっかり「線引き読解」して
みんな ぐんぐん力をつけています。
伸び盛りの子供たちに 上回るエネルギーチャージ完了!

美味しいランチまでいただいての研修後、
さあ、子供たちの待っている教室に戻ります!

国語で未来を拓きましょう~

国語未来塾へのお問い合わせは 
こちらへ***

 
[PR]
by kokugomirai | 2018-08-29 23:19 | さち式線引き読解*受験国語コース | Comments(0)

国語未来塾は、阪急御影駅徒歩1分。
しっとり落ち着いた阪神間の住宅地で、
谷崎潤一郎の愛した界隈の趣きのままに
六甲山に抱かれた素敵な場所にあります。

最近では、羽生結弦君の活躍で、一躍有名になった
弓弦羽神社のお膝元。
季節作文には絶好のロケーションという、
なんとも贅沢な場所にご縁をいただきました。

この夏は、この立地にどれほど癒され、力をもらったか。。。
通ってくださるお母様に、
国語の聖地 みたいですねー」
と、言っていただきました。

先日の、遠方からの生徒さんお母様からも
こんな嬉しいご感想メールをいただきました。


よっちゃん先生、昨日はありがとうございました。
たくさんの想いが溢れた夏休みについて、息子らしい作文に、
大きな成長を感じました。

これからも自分の考えを
言葉や文章で伝える力を養っていってくれたら、そう願います。

昨日はあの後美味しい神戸牛を2人で堪能し、
笑顔溢れる1日となりました。
こうやって2人で出かけることもない
忙しない日々の中で、最高の夏の想い出になりました!

またよっちゃん先生とご縁があること
親子でとても嬉しく思っております。
これからもどうぞよろしくお願いします^_^

e0365999_18385850.jpg
こちらこそ。。。
お待ちいただくお母様、お子様に、楽しんでもらえるよう
良書を選んで、国語未来塾文庫も作りました。
ご自由に、読んでいただけます。
貸し出しも致します。

ぜひ、一度、ゆっくりいらっしゃってくださいね。
お待ちしています。

国語未来塾へのお問い合わせ
体験レッスンのお申し込みは

こちら***へ


[PR]
by kokugomirai | 2018-08-27 06:25 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)

「よっちゃん先生と、作文書きたい!」
そう、息子が言うんです。

なんとも、嬉しいラブコールにお応えして
お盆に、個別レッスンの出張教室に伺いました。

1年生の時から、月1回の
岡山出張教室に通ってくれていたA君。
習い事がいそがしく、どうしても時間が合わないと
ここ1年くらいはお休みでした。

それでも、夏休みの作文が
そろそろ必須になる小学校3年生。
「私と書くと、絶対けんかになります。
よっちゃん先生となら、書く!というので
ぜひ、お願いします」


テーマは、夏休みに
おじいちゃんと、お父さんと登った
「立山連峰登山」
1回目は、マッピング。
ひたすら、いろいろ思いだして
白い紙がどんどん埋まっていきます。

そして、仕上げの今回は
なんと、
母息子お二人で
岡山から新幹線で神戸・御影教室まで
いらっしゃいました。

「長男と二人きりで、こうして旅行気分で来るのも
たのしいです。いつもは、下の弟がいますから」
とお母様。

レッスンをお待ちの間は、御影のカフェにて
国語未来塾文庫からお好きな本をお持ちいただき
優雅なカフェ&読書タイムを
満喫なさったそうです。

もちろん、A君も
渾身の出来!

e0365999_18373649.jpg


一番書きたかった、「雷鳥」のことに
1枚以上費やしました。

「こんなことを思って、登山してたなんて
ほんとに知りませんでした。
作文に書かせてもらって
良かったです」

と、教室にお戻りになったお母様。

おかあさんの横で、
誇らし気に音読しているA君。
作文のしめくくりに書いた
「ぼくは、この夏いろんな経験をして
一回り成長したと思います。」


はい!その通りです。
2時間びっちり書き続けましたね。

e0365999_18373649.jpg



お二人とも、
神戸教室をいたく気に入ってくださって
なんと、9月からは、月1回
岡山から 作文コース

通ってくださることになりました。

た~っくさん思いはあるのに
ただ、書き慣れていないだけ…
今日の作文も、最後の段落に入ったところで
作文スイッチオン
雪渓のこと

最後に待ち受けていた
大階段のしんどさ 

情感たっぷりに書きました。
A君の今後が楽しみでなりません。

さあ、2学期から、
*作文習慣*はじめてみませんか。


国語未来塾は
*スポット作文レッスン
*さち式線引き読解コースともに、

体験レッスンも 受け付けております。
全てのお問い合わせは
こちらへ***

[PR]
by kokugomirai | 2018-08-25 22:30 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)

読書感想文コース、
最後の追い込みが続いています。

今日が3回目の仕上げの、五年生のA君は
7月初めに、読解コースにご入会。
毎回、楽しく通ってくださっています。

読書感想文コースのチラシを見て
「国語未来塾で だったら、読書感想文書いてみたい」と
嬉しいお申し込み。
お母様によると
「歴史の本を読むのは好きだけど、
物語で、細かい字びっしりのものは読んだことがないんです」
とおっしゃるので、
「びりっかすの神様」
をおすすめしました。

すると、ご飯を食べるのも忘れるほど、
1日で、一気によんでしまった!とのこと。

その勢いのままに、スラスラシートを完成…とはいかず、
すった、もんだと、最初の2回(3時間)は、じっくり、ガッツリ
A 君の読みを掘り下げました。

今までに、この本で10人以上の子供たちが 読書感想文を書いていますが
実は、「ひっかかるところ」「気になるところ」は毎回違います。

A君の場合、一番印象に残ったのは
「英子がリレーでこけたとき、びりっかすが
『どうして泣くんだい?』となぐさめたところだ。
悔しい~とか、負けたくない!という気持ちをエネルギーにするはずなのに、
自分が消えても、始たちのクラスが1位になることを喜んでいた。
びりっかすも、変わったなあと思った」


日頃、塾で「負けるのが絶対いや」なA君は、
「びり」になることに、最後まで抵抗があったようなので
その気持ちを大切に、文字にしました。

e0365999_18375613.jpg
「ふ~ん。読書感想文って、あらすじ
書かへんねんな。びっくりした。こんなふうに書くんや」


書き終わって、恒例のハイタッチ!
みんないい笑顔で、誇らし気に帰っていきます。

「今日も、楽しかった~」と帰ってきたので、
びっくりしました。作文への抵抗がすくなくなったようです。

と、お母様からも、嬉しい感想メールをいただきました。

「でも、今度は線引き がいい!」
と、Aくん。
了解です!次回はガッツリ、線引き読解いたしましょう。

夏休みも、あとちょっとですね。

国語未来塾へのお問い合わせ
体験レッスンのお申し込みは
こちらへ***








[PR]
by kokugomirai | 2018-08-23 21:05 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)



お盆明け2日間、怒涛のレッスン続きで帰宅は夜の10時過ぎ。
主夫と留守番をお願いしていた家族孝行で
1日お休みをもらい、神戸のモザイクで のんびりしてきました。

e0365999_21141418.jpg
ぼ~っと、海をみながら、以前のブログを読み返していると
「去年の夏も、たくさん読書感想文書いたなあ~」と懐かしくなりました。

『読書感想文は、読感想文』
中々、うまいこと言っている記事があったので
もう一度、リライトしてみました。

こちらは、去年の山の日に
倉敷出張教室で行った、初の「出張*読書感想文教室2017」のライブです。
e0365999_20091161.jpg


倉敷出張教室へ、毎月1回ですが
通い続けて5年目の 夏休み。
2017年の夏!熱いご要望にお応えして、
初の「2回で仕上げる*読書感想文教室」の
2回目を行ってきました。

自分で書くと、どうしても、あらすじ中心になってしまいます。
1組目の小5女子さんは、1枚半書いていたものの
自分の感想は5行ほど・・・そこを指摘すると
「うん、書きなおす!」お~、がんばりますね!

旅猫レポートという楽しそうな題名とは ウラハラの
ちょっと、切ない大人向けのお話・・・
共感できる部分を拾い上げ、紡いで 完成させました。

もう一人は耳の聞こえない メジャーリーガー
ウィリアム・ホイ』2017年の課題図書です。
毎月の作文課題は、あっという間に書き上げる
作文大好きの小4女子さん。ですが、読書感想文は
ちょっと勝手がちがうようです。2時間ぶっ通しは さすがにしんどく
フラフラになりながらも、「ウィリアムさんが、もし私の学校に来たら・・・」
と想像しながら書き上げました。

続く2組目の小6女子さん。二人とも、きっちり3枚書いてきていました。
選んだ本は『言葉屋』『びりっかすの神様』
どちらも、読書感想文の定番です。
『私が言珠(ことだま)をもらったら…』どんなふうに
活用したいか、みんなが言珠を持ったなら、争いはなくなるのでは?
と、色々思いを巡らせました。

「びり」でも「かす」でも、『神様』になれるとしたら
みんな、何でもハッピーにすごせるはず!題名になぜ「神様」がついているのか
とことんこだわってみました。

お昼を挟んで、小5女子二人組。
全くタイプのちがう 二人のお嬢さん。
『ワンダー』チキン』という
これまた 全くタイプの違う本を選んで、それぞれのペースで書きました。
ポイントは、自分にどれだけ引きつけられるかということ。
「ワンダー」は、ワンダーの訳語「奇形→驚異→奇跡」へと 
物語が進んでいくことを読み解きました。

『チキン』は、もし、自分のクラスに登場人物の二人がいたら
どんなふうかな~と。

続きは男子二人。5年と6年です。
1人は、同じ『チキン』。小学校の生徒会長にも選ばれた「ヒーロー」の自分も
引っ越してきたばかりの時は、もちろん「チキン」(臆病者・弱虫)。
だから、周りの子供で『チキン寄りの友達』に『ヒーロー』になるコツ!を
伝授してあげようというストーリーに仕上げました。

もう一人も課題図書の『転んでも 大丈夫』。
これまた、今までの自分が全く知らない義肢装具士のお話。
読んだ後、もっといろんなことに、あきらめずに
挑戦したいと思うようになったそうです。
まずは、今年の学習発表会では 今までは、「ど~せ」とあきらめていた
定員1名の「小だいこ」に挑戦しようと思う!としめくくりました。

最後は、大物。中2男子。本を読むのは大好き!だけど
書くのは 大嫌い・・・それなのに、原稿用紙5枚です。
『妖怪アパートの 幽雅な日常』を選び、
自分が一番心に響いた一文
「君の人生は長く 世界は果てしなく広い。肩の力を抜いていこう」にこだわって
中一の時行った、野外キャンプ活動での話を1枚半くらい書きました。

そう、読書感想文=読後の感想文。

あらすじではなく、読んだ後、自分が一番心に響いたことを中心に
まとめると、すんなりいきます。
あらすじを、1行も書かない場合もあるくらいです。

「本」は、あくまできっかけなのです。
読む前と、読んだ後と、自分の中にどんな変化があったのか、
もし、そこに「何の変化もない」のなら、本を潔く変えることを
おすすめします。

e0365999_20085041.jpg


ふるさと倉敷は、どこを写しても 絵になります。
だいすきな 街。
そぞろ歩きに ぴったりの街 です。

********************************
そうですね~。
でも、第二の故郷、神戸も 負けてはいませんよ。
特に 海風の心地よいモザイクは、心に翼がつく ようです。

e0365999_22500797.jpg

さあ、夏休みも後半戦、スタートです。


https://kokgomirai.exblog.jp/25978946/


[PR]
by kokugomirai | 2018-08-19 22:14 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)

お盆明け、17・18日は 満員御礼。
朝9時から、夜の9時まで みなさん、続々お越しでした。

さち式線引き読解コース、
スポット夏休み作文コースを間に挟みながら

読書感想文コースでは、5人が2コマ続きで
次々に書き上げました。

京都から月1回、作文コースに通ってくれている 小5 A君。
国語未来塾での読書感想文は、初めて!
本を読むのは あまり好きじゃないということで
男子に人気の『ぼくらの7日間戦争』を おすすめしました。
すっかり、はまって、お母様も驚く一気読み。

e0365999_21173659.jpg
今までに、この本で10人以上が読書感想文を書いていますが
毎回、「一番面白かったところ」、「好きな登場人物」は違いますし
「同じようなことをやったことがある!」も違います。
そこが、ポイント!A君は、まさに、小2の時 基地づくりをしたことがあり、
そこを中心にどんどん書き進めました。3回で仕上げるところが
なんと、 2回で仕上がり! 
3回目のレッスン代は、旅行のおこづかいになるね~と、みんなにっこり。


二人目は、大阪からのB君。こちらも小5。
小1の時から月1回、通ってくれているベテラン君です。
読書感想文は3回目。魔法のスラスラシートを家で書いてきてくれたので
こちらは、1回で仕上がりました。
「先生、自分の体験が書きやすい本がいいやろ。
だから、『のら犬物語』にしてん。」
と犬好きのB君らしい、選択で魅力たっぷりの読書感想文ができました。

e0365999_21133634.jpg

三人目と四人目は、かわいい 小4の双子ちゃん。
お二人そろって 5月から 線引き読解コースに月2回お越しです。
夏休みの3回は、読書感想文コースに変更。
作文コースは、初めてでも、3回目で、きっちり仕上がりました。
二人とも、同じ本『レイナが島へやってきた』
を選んで書きましたが
e0365999_21132395.jpg
読書感想文の内容は、もちろん、全く違います。

あらすじは、ほとんど書かないのが
国語未来塾の流儀

双子ちゃんでも、「好きな登場人物」、「一番気に入ったシーン」は
もちろん違います。「嫌いな人?いないよ~」は似ていましたが。。。
「声をかけたい場面」「一緒にしたいこと」も違うので
読み応えたっぷりの 楽しい 感想文 が書きあがりました。

間にお一人、さち式線引き読解コースの中1君を挟み、

土曜日の最終は 
国語未来塾も、読書感想文も初めての 高1女子Cさんの2回目。
お母様同士のご紹介で、お越しいただきました。
作文は大の苦手、本を読むのは好きだけど、
読書感想文は、特に嫌いで、
中学校時代に1度も書き上げたことがない。。。
と、暗い顔でいらっしゃいましたが、なんの、なんの…

『明日の子供』は大好き!
作者の有川浩の本はたっくさん読んでます!とのこと。
その想いを 文にするお手伝いを そっとしました。
1回目は 魔法のスラスラ作文シートを2時間半かけて
じっくり、たっぷり書き上げました。
お帰りの際には『書くって たのしいんですね!』
大きな笑顔の花が 咲きました。
2回目は、2時間半かけて、5枚を書きあげました。
さすが、高1さん。終わったのは夜の9時半で、
ふたりとも かなり、ふらふら~でしたが、心地よい疲労感。

できあがりの記念写真を撮り忘れてしまいましたが
「初めて、読書感想文書き上げました。」 と
それは、それは 嬉しそうにお帰りになりました。


・国語未来塾の読書感想文コース
3回の予定が2回で書きあがるなどで、
嬉しい空きが 若干でています。
・スポット作文コース
・さち式線引き読解コース
夏休みの仕上げにいらっしゃいませんか。
体験レッスンも受け付けています。

お問い合わせは こちらへ***









[PR]
by kokugomirai | 2018-08-18 22:53 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)

お盆真っ只中の、14日。

今年も、熱いご要望にお応えして
ほんとに暑~い!(笑)出張*読書感想文教室を 
倉敷のいつもの教室で 行ってきました。

今年で、2回目。
通常の読書感想文コースは3回完結ですが、
出張教室なので、1回目は、各自が自宅で。
2回目は、7月に一斉授業
e0365999_00475296.jpg

3回目は、マンツーマンで みっちり一緒に書きました。

クーラーもない部屋ですが
自然深くに抱かれた公民館ですので
3方の窓をあけると、海の家かと思うほど
心地よい風が吹き抜けます。

e0365999_23274605.jpg
蚊取り線香の懐かしい香りと共に
夏の一日、どっぷり読書感想文にひたるのも
いい思い出となりますね!

e0365999_23272132.jpg
子供たちも、汗だくになりながらも
時折目の前を横切る、トンボさんに見守られながら
読書感想文、夏休み作文、書き上げましたよ。

e0365999_23262857.jpg
中1男子君の選んだ本は、「びりっかすの神様」

「びり」で「かす」で、その上かっこわるい。それなのに
僕はびりっかすに なぜかひかれる。・・・

一番好きな登場人物は、ちょっと、へまの多い「浩一」。
小1から、どっぷりボーイスカウト活動をし、
この夏は、ジャパンジャンボリー(全国大会)に10日間行ってきた経験を
たっぷり書き、勉強の成績だけで、席順を決める市田先生を猛烈に批判しました。
出張教室の常連君、来たばかりの小3の頃は400字書くのも大変だったのに
今日は、2時間で、5枚書き上げました!

最後の1文字を書いたところで、
二人で ハイタッチ!

書き上げた みんなの誇らし気な笑顔は 
何よりの涼味を運ぶ 一陣の風でした。

おつかれさま~!みんな。
お盆休みも、あと1日。

出張国語未来塾は、
ほぼ毎月*第2土曜日に行っています。
お問い合わせは
こちらへ***



[PR]
by kokugomirai | 2018-08-15 06:55 | 出張作文教室(神戸・倉敷・岡山) | Comments(0)

大人レッスン@珈琲館

「お盆休みに、大人レッスン 受けたいんです!」
東京 在住の日本語教師仲間からの
熱いメールにお応えし、
大人レッスンを、岡山の喫茶店で してきました。

神戸教室は、昨日まで。
今日から岡山に帰省中の私と、東京から帰省してくるAさんと
岡山の喫茶店で落ち合って、たっぷり70分+おしゃべり。

さち式線引き読解法の「大人レッスン」の
体験レッスンいたしました。

お嬢さんはまだ低学年で、塾にも通われていないとのことですので
手持ちの問題集を使って、線引きの方法入門をお伝えしました。


なーるほど、目からウロコ!
こんなやり方あったんだ!
初めて、私がさち先生のレッスンを受けたときの感動と
同じ衝撃が走ったようです。

「早速、帰って娘と勉強してみる!」と
にっこり!

e0365999_23523978.jpg
大人レッスンにご興味のある方、
平日の昼間の空き時間に、
一度体験レッスンなさいませんか。

ご自身の副業として
下のお子さんたちへの家庭教師として
受験勉強の強い助っ人として。。。

ご活用いただくことができます。
1回70分の体験レッスンにもぜひ!
お子さんの、模試の答案などお持ちいただければ
それを、教材にレッスンいたします。

大人レッスンへのお問い合わせは
こちらへ***
(体験レッスンも受け付けています)

e0365999_21191937.jpg

明日から、ほんとに、お盆休みをいただき、
お母さん業、お嫁さん業、娘業、に
勤しんで参ります✨

皆様良い、お盆休みを。。。


[PR]
by kokugomirai | 2018-08-11 23:53 | さち式線引き読解*受験国語コース | Comments(0)

夏休みの体験レッスンに
多くのお越しをいただきまして
ありがとうございます。
 

幸せなことに
「国語で、わかった!と 初めて思った」
「期末テストの ×の理由 すっきりわかった!」
など
早速、ご入会いただいています。
よって、
9月からのレッスンも
ほぼ満席に 近くなりました。

体験レッスンして、気に入っていただいても
なかなか ご希望のお時間にきていただけないこともあり
大変、心苦しく思っております。

確実に力がつき、偏差値も安定して来た場合
線引き読解レッスンの回数を 随時減らし、
空いた時間と費用を
他の弱点科目にまわしていただけるよう
ご提案しています。

この夏休みも、月3~4回いらっしゃっていた小6さんが
苦手だった国語の偏差値が安定し
反対に 算数が下がってきた
とのことでしたので、
思い切って夏休みは1回だけいらっしゃることを
ご提案しました。

e0365999_22110254.jpg


この夏、子供たちを机の上で見守っているのは
この
「葉から芽(ハカラメ)」
正式名称:セイロンベンケイソウ

水につけるだけで
一枚の葉から、芽と根がでます。
1週間くらいで、ちっちゃな根がでて
水にぷかぷか~何とも癒されます。
朝から晩まで、中学受験組は
お弁当二つもっての夏期講習中だからこそ
なんだか、グリーンを見ると
ほっとしませんか。

e0365999_06081712.jpg



「今度の、公開模試。国語むっちゃ楽しみやわ~」
とは 大手塾に通う小6女子さん。
復習テストでも手ごたえを感じているそうで
私も、朗報、待っていますよ~!

みんなの願いが 叶う夏
国語未来塾も応援していますよ!



[PR]
by kokugomirai | 2018-08-09 22:02 | さち式線引き読解*受験国語コース | Comments(0)

立秋の声をきき、
少し暑さが和らいだ朝ですね。

昨日の仕上げは小6男子君。
「息子の頭の中には
野球 の2文字しか
ないんですよ~」

いえいえ、頭を埋め尽くすほどの
「思い」と「実体験」こそ
読書感想文の 強~い味方です!

小4の時から、国語未来塾*
作文コースに通い始め
今年で読書感想文も2回目。

去年の半分くらいの「大変さ」やったなあ~と
二人でにっこりする 仕上がりでした。

去年は 「まじめで、優等生」の主人公に共感できない本だったので
今年は、男子*読書感想文の王道
「ぼくらの○○戦争」シリーズを
おすすめしました。

ばっちり!

e0365999_06091152.jpg


3回目は、予定時間を30分以上残して!
書き上げました。

「読みは浅いけど、息子らしい感想 で笑えました」
はい、お母様。
大事なのは、お子さまの『今』に寄り添うことなので
あえて
「こう 書いたら?」の指導は一切しません。

「どう思う?」「ここを選んだのは どうして?」
答えは、お一人お一人、違います。

そして、読書感想文で モノを言う(書く?)のは
やはり、
『実体験』
一人一人の宝物の体験を どこに盛り込むかが
腕の見せ所です。

去年のブログにも 書いていました。
『読書感想文に必要なのは、~実体験~」
https://kokgomirai.exblog.jp/25970994/

夏休みも中盤です。

今年もた~くさんの 実体験
重ねてくださいね。

国語未来塾
お盆明けは、まだ少しお席があります。
体験レッスン・スポット作文の
お問い合わせは
こちらへ***


[PR]
by kokugomirai | 2018-08-08 07:13 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)