タグ:作文教室 ( 24 ) タグの人気記事

e0365999_22594537.jpg


弥生の出張教室のテーマは
「○年生レポート」
この1年を
文字にして残しておこう!というもの。
ただし、「よくある、○○年生の思い出」か~
とお思いになることなかれ!

 国語未来塾の、1年の振り返りは
自分以外の身近な 何か!」が
自分をレポートしてくれるという形をとります。

pointは「話者の視点」
「私は…」の羅列にならないよう
たとえば、1年生さんにも 6年生さんにも人気だったのが
なんといっても
「ランドセル!」

・わたしはHちゃんのランドセルです。いつも春ちゃんの
せなかでゆれています(小2さん)
・わたしは、Nちゃんのお供のランドセルです。
Nちゃんが好きすぎて、毎日、全身を真っ赤にして
Nちゃん背中で登下校を見守っています。(小6さん)


e0365999_10212800.jpg


みんな、それぞれに、見守ってくれている存在に気づくこと!
それも、この作文のポイントです。

・おいは Yどんのうなぎどんでございもす。水そうの中で
Yどんをいつも見守っておりもす。〔小3君)
・ぼくは Aくんの おまもりえんぴつ6Bです。いつも
ふでばこの中であそんでいます。(小2君)


e0365999_10175345.jpg


e0365999_10180441.jpg


圧巻は、作文大好き少年K君〔6年)。
なんと 「給食表」さんの登場です!


・わしは、K様の給食を代々支えてきた名家「給食家」の
66代当主、給食表之助じゃ。いつも朝、わしのことを見て
喜んだり、絶叫したりするたび、わしもだんだんシワシワに
なっております。ですが、お役に立てること以上の喜びは
ございません。何度も転居したクリアファイルもこれで最後ですな。
・・・・・
書きだすと、面白くなって、止まらない感じですね・・・


e0365999_10183488.jpg


岡山教室の低学年さんチームには
「話者の視点を変える」という書き方は
初めてでした。

自分以外のものの気持ちになって描写する・・・
これこそ、「想像力・創造力」を
育てる絶好の機会です!
AIには、決してできない技。

神戸教室でも、どんどん書いていきますよ~

国語未来塾へのお問い合わせは
こちらへ***

春休みは、作文習慣 始めまてみせんか。

 



[PR]
by kokugomirai | 2018-03-12 23:20 | 出張作文教室(神戸・倉敷・岡山) | Comments(0)

春が また一歩 
ぐ~んと近づいた週末は
岡山と、倉敷で 
出張国語未来塾してきました。

*まずは 新中3君に
「さち式線引き読解」出張授業。
記述が大の苦手!ということで
ポイントをしぼってお伝えしました。

5回目の「春」を迎える
倉敷出張教室では、今年もた~ぷり
「春」を 五感で見つけて
それを作文に 活用しました。

倉敷教室は、なんといっても
自然環境の良さは、抜群!
教室でお借りしている公民館のまわりを
15分も歩けば、こんなにたくさんの
すてきな「春」 に出会えます。

e0365999_22573055.jpg


小6サッカー男子二人
神妙にメモを取りながら 観察中です。

e0365999_22565636.jpg


女子は、水仙の あまやかな匂いを
「せんせ~、いいにお~い。どういったらいい?」
「それを考えるのがたのしいのよ」と私。
「甘ったるい?」「それは、ネガティブすぎるよ。
「春のにおいかな~?」

e0365999_22571301.jpg


これぞ!春 の

ふきのとう


e0365999_22575049.jpg


ブロッコリーが 菜の花になってました。
「こんなの、見たことな~い!」



e0365999_22581985.jpg


「この斜面、駆けあがれるかな?」
楽しすぎ~ますね。

そうして、5感を使って集めた材料も使って
「○年生の 思い出作文」
挑戦しました。

e0365999_22583250.jpg


6年生3人のうち、2名は中学受験で
見事、第一志望合格!

中学生になると中々来られないということで
万葉の『旅立ち』の歌を歌って 送り出しました。

「熟田津(にきたつ)に 舟乗りせむと
月待てば 潮も叶(かな)いぬ
今は 漕ぎ 出でな!」

(額田の王が、百済遠征に向かう集団を代表して
みんなの願いがかなったよ!と先に口をだし、
成功を「予祝(よしゅく)」する歌です。

e0365999_22585573.jpg


うれしい春は、すぐそこ!ですね

「さち式線引き読解」は、都合があえば
出張教室も行います。

国語未来塾へのお問い合わせは
 こちらへ***





[PR]
by kokugomirai | 2018-03-10 23:49 | 出張作文教室(神戸・倉敷・岡山) | Comments(0)

毎年恒例、国語未来塾を始めた年から
塾生のママのお一人が
『クリスマス*リース』の時間を
プレゼントしてくださいます。

この日ばかりは いつもの教室が
色鮮やかに大変身。
年中さんから来てくれている
一番のベテランさんたちとは
8回目のクリスマス*教室になります。

講師のママも、
「子どもたちの成長を感じますね!」と
感慨深げです。

e0365999_06161293.jpg


こんなかわいいツリーをつくっていたみんなが
6年生になると こんなにシックな感じに…

e0365999_06075262.jpg


こちらも

e0365999_06081204.jpg


こちらも6年生です。

e0365999_06071398.jpg


こんな、にぎやかなのも
やっぱり、すてき!


e0365999_06062420.jpg


ママたちは 今年はこんな感じ。

e0365999_06073971.jpg

大人も子供も 素敵なサンタ時間を
いただきました。

中学受験チームも、
たまには ほっこり&にっこりタイムも
必要ですね。
メリークリスマス!




[PR]
by kokugomirai | 2017-12-05 05:58 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)

愛ある受験国語のテクニック
さち先生の2回目のレッスンに
行ってきました。

今回も
新しい学びの連続!

ずっと、教えるばかりで
摩滅寸前のエンジンベルトのような
脳と心に
「学ぶ喜び」がトクトクと
流れ込みます。

今回も、「線引き」のコツを
たっぷり伺ったのですが、
加えて、いろんな大手の塾主催
入試直前模試のカラクリも
お聞きしました。
要するに、
入試直前模試の偏差値に
一喜一憂することなく
ここまで来たら
「第一志望」をしっかり掲げておくこと!


大手の塾で20年以上
国語の指導をなさっていた
さち先生の愛あるメッセージは
「自分の力を、まず自分が信じ、
そして、家族が信じること」


『そんな偏差値で、受かるはずないでしょ!』の
励ましは、この期に及んでは
全くの逆効果だそうです。
ここまで がんばってきたのですから。。。
直前一か月は
「できる自分をイメージすること」が
大切ですね。

e0365999_23230584.jpg

ろうそくの灯りは
心と、おうちの空気を
まあるくしてくれます。

受験生のみなさん。
身体とお心 おだいじに~。



[PR]
by kokugomirai | 2017-11-27 23:07 | さち式線引き読解*受験国語コース | Comments(0)


芸術の秋

神戸市内の 各小学校では
音楽会が行われます。
国語未来塾の周りの小学校は
先週末がピーク。

今週の作文テーマは、
音楽会をレポートしよう

「運動会・音楽会、二学期は〇●会が
多いよな~。」
「ほんま。授業ないのは嬉しいけど、
あとで絶対作文 書かされるやろ~。
あれ、いややねんな」
こんなつぶやき、あちこちで聞きます。

国語未来塾では
あの手、この手で
子供たちの「書かされる」を
「書きた~い」に変えていきます。
今回の中高学年さんには
「レポート」形式。
話者の視点を変えて、書いていくのです。

*僕は、○○小学校のピアノです。
*吾輩は、○○くんの 新しいベルトです。
(音楽会直前のお誕生日のプレゼントだそうです)
*うちは ○○ちゃんの けんばんハーモニカです。
*おれは、○×先生の 指揮棒だ。


野球少年の作文スイッチは

*俺様は、ご主人◯◎様のメガネだぞ!


この調子で じゃんじゃん書き進めます。


面白いところでは
*私たちは、○△小学校の隣のお墓の ゆうれいです。

それぞれが、主人公である「自分」をレポートする形にします。
「私・僕・吾輩・俺・・・・」
日本語の一人称の豊かさも 
見事に子供たちをサポート。

作文は、1行目で決まります。
あとは、いつも通りの
起承転結シートにおまかせ。

原稿用紙2枚なんて、あっという間ですよ。

実体験は、何よりもの作文の材料なのです。
それを、逃すなんてもったいない!
一年生君も 楽しく書いていますよ~

お問い合わせは

国語未来塾

(masakique★i.softnank.jp)

★を@にかえてご連絡くださいね


✳︎体験教室も行なっています。

e0365999_08221673.jpg
大学構内もすっかり秋の装いです


[PR]
by kokugomirai | 2017-11-16 15:02 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)

文化の日にもかかわらず、
一日、通常授業でした。
各曜日の講義日数をあわせるため
特に、私立の大学では 祝祭日は関係なく
授業があります。

くったくたで、最寄り駅を降りると
1年生から、3年生まで通ってくれていた
現在小6女子さん親子に ばったり会いました。
『わあ~、せんせ~。なつかし~!!』
お母様も 大喜び。
3年ぶりの再会で すっかり大人びて
164センチのすらりとしたお嬢さんに。。。

外国籍のお母様と、一緒に熱心に通ってくれていましたね。
「娘が私の日本語で育つのは ちょっと、心配です」
と、おっしゃっていたお母様。
「先生のおかげで、学校でも 作文が上手!ってほめられるんです」
「小1の弟の勉強も、学校からの手紙の返事も
全部、娘がしてしてくれます。
国語だいすきになったのは、先生のおかげです」


いえいえ、もちろん、本人の努力あってこそ…ですが、
久しぶりに会って、こんな風に思ってもらえているのは
本当に嬉しく、疲れが吹き飛びました、

e0365999_23361849.jpg

帰ってみると、新作のジャムパン。
サツマイモぱんも、いい感じで焼けていました。
父子で、焼いてくれたそうです。

その夜、さらに祝日出勤のご褒美が…
中学受験の塾が忙しくなり、
夏休み明けからお休み中の 
小6女子さんのママからメールです。
「今朝、娘が、国語未来塾に、久しぶりに行きたい。
っていうから、なんで?って聞いたら
自由に作文が書きたいんだそうです。
なんだか、とっても嬉しかったです」


なんと、なんと。こちらまで嬉しくなりました。
「書くこと」は、自分も知らない「自分」にであうこと。
この小6女子さん、物語を書かせたら
ぴかイチなんです!

受験が終わったら、また、たっぷり書こうね!


[PR]
by kokugomirai | 2017-11-03 22:47 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)

ハッピー*ハロウィン!


受験勉強の息抜きに…
御影教室では
「秋の実りの アイン・トプフ」
続いています。

今日は、小6男子君 お二人。
年中さんの時からのお付き合いですから
8年目の秋ですね~。
久々に このペアで勉強することになり
二人とも、大喜び♪

主人公「レオン君」の悩みは
*お楽しみ会の話し合いで
レオン君の案だけ、反対する人がとても多かったことと
修学旅行の 室長になれなかったこと。。

もう一人の主人公「猫先生」の悩みは
*朝、布団がきもちよくてなかなか 起きられないことと
通学時のバスの運転が 近頃雑なこと。。

そこで、早速秋の実りの
 オノマトペ・スパイス~
の出番です。
どちらに、どのスパイスが効くでしょうか~。

1・さんまのキラキラ スパイス
2・栗のほくほく スパイス
3・どんぐりの コロコロスパイス
4・音楽会の ジャジャジャーン スパイス
5・推理小説の どっさどさ スパイス
6・ハロウィーンの ガオースパイス

いいなあ、そのスパイス、
もらおうか。

e0365999_07131874.jpg

 
そっちの スパイスも効きそうやん。

e0365999_07130440.jpg


そろそろ、受験勉強のラストスパートの
この時期に
柔らか 頭と 心に効く
秋の実りの アイン*トプフ。
召し上がれ~

e0365999_00011949.jpg
国語未来塾の入り口も
ハロウィン仕様です。



[PR]
by kokugomirai | 2017-10-31 23:23 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)

2週続けて
台風さん、こんにちは。
こんな朝は
せめて秋色のパンケーキ。

e0365999_23002112.jpg


小さい万葉人さんの
パンケーキは、
きちんと粉をフルってつくるので
ふわふわ~しっとり。
いただきものの
はちみつイチゴとぴったり・・・

台風の合間に、近くの公園からとってきた
秋色の落ち葉を添えて・・・
これ、なんの葉かわかりますか?
ぜ~んぶ、同じ木ですよ。

午後の、一番風雨の強い中
素敵なヴィオラとピアノの調べに
どっぷりつかってきました。

e0365999_22580920.jpg


ヴィオラを きちんと聴いたのは
初めてでした。
大好きなピアニストの
七ツ谷ゆみさんとの
夢のコラボレーション…

ちょっと、ものがなしく
しっとり、ゆったり
まったり…

そんな午後のひと時…♪
心にチャージ完了です。



[PR]
by kokugomirai | 2017-10-29 23:04 | 徒然なるままに | Comments(0)

4月から通い始めている
一年生君。
日曜日の、アトリエペタタと
国語未来塾のコラボ企画
ひらめきアート作文教室」は
初参加でした。

その時に作った
「秋の実りのスープ」の絵本
とっても気に入ったらしく
またまた、嬉しいメールが
お母さんから 届きました。

「今日ねるとき、自作の本読んで~と持ってきました。
…態度はあまのじゃくだけど、
嬉しくて 出来に満足してるんだなあと思いました」


絵本を読んでもらうのが大好きな
一年生君。
自分の作った絵本には
なおさらの思い入れがあるようで
今日の教室では
裏表紙にも
描きこみました。

e0365999_00153271.jpg



素敵なハロウィンになりますように・・・

e0365999_00151807.jpg

1年生君のスープの中身は
ほくほくの さつまいも
ころころの どんぐり
しいたけ のびのび
じゃがいも ほかほか~


ごちそうさま~


[PR]
by kokugomirai | 2017-10-26 22:15 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)

一年生の妹さんが
ひらめきアート作文教室で創った
「秋の実りのスープ」を見た
小6女子のお姉ちゃん。

『私も、書きた~い!』とのことで
高学年用の「言の葉」部分
『秋の実りの アイン・トプフ』
書きました。

「大人は 私の気持ちをわかってくれない!」
主人公は、もみじの 悩みです。
その悩みが
六甲山をトレッキングしているときに
みつけた「アイン・トプフ」の中で
ぐつぐつ・・・

「悩みに効く、秋の実りのオノマトペスパイス」の棚から
まず、コオロギの リンリンスパイス  
きれいな虫の音で悩みが忘れられ、
次に、柿の むしゃむしゃスパイス
ムカツク大人を、食べつくしてやり、
最後に 台風 びゅーびゅースパイスをたっぷりで
嫌いな相手を無人島までふきとばす!

こうして、このあったか~い ほわほわの
アイン*トプフをいただくと
あら。ふしぎ。

いつの間にか、悩みも消え去り
身体も、心もほっかほか~。

実は、お姉ちゃんは
中学受験の塾通い
真っ只中。
それでも、「国語未来塾、行きたい!」と
大手の塾の 合い間を縫って
通ってきてくれています。

「書く」ことは、
思いもよらぬ、セラピー効果があるようです。

教室に来たときは、「溜息モード」でも
文を書くことで
心の中が「見える」ようになると
帰りは別人のように
元気になって帰ります。

実りの秋、
岡山の実家の畑からは
小さい秋の実り
宅急便が届きました。

e0365999_00141313.jpg


さつまいもの「ほかほか」スパイス

e0365999_00384218.jpg


黒豆の「ころころ」スパイス。

実りの秋ですね~。










[PR]
by kokugomirai | 2017-10-25 00:01 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)