タグ:個別指導 ( 24 ) タグの人気記事


この夏、国語未来塾に待望の本棚を購入。

自宅の本棚から、思いのたっぷり詰まった良書を選択し
せっせと運んで「国語未来塾文庫」を開設しました。

e0365999_18385850.jpg
友人の、関西大学外国語学部准教授の嶋津百代先生と
ランチをご一緒していたときのこと。
AIに負けないために
子供たちに一番つけてもらいたい は
読解力!そのためには、本をしっかり読ませてね」
とのアドバイスをいただきました。

嶋津先生によりますと、最近の学生さんたちは、
人前で上手にプレゼンテーションする能力には長けてきたけれど、
卒業論文や、学会誌に投稿するレベルの「書く」能力には、
学生間に歴然とした差があるそうです。
この差は、一体どこから来るのか!
嶋津先生が、学生さんたちに、聞き取り調査を行った結果、
明らかな要因として読書量の差』があげられるとのこと。
「国語未来塾では、ぜひとも、子供たちに本を読ませてほしい。
読書習慣こそ、『書く力』のきほんで、その先に『話す・聞く』の力が
自然に身についてくるから。」
とおっしゃっていました。

塾の前後の時間には、自由に自習したり、本を読んだりしていただけるスペースも
あります。瑞々しい心の成長いは、良質の本との出会いが欠かせません。
是非、お迎えの保護者の皆様にも、素敵な本との出会いを楽しんでいただきたく
大人用の本も、厳選して、ならべていきたいとおもいますので、
お気軽におよりくださいませ。

e0365999_18383949.jpg
毎月の おすすめ選書のコーナーも作りました。
e0365999_18433938.jpg
夏休みに行った、金子みすゞ記念館からのお土産の詩集です。

読書の、始まりますね~

国語未来塾へのお問い合わせは
こちらへ


[PR]
by kokugomirai | 2018-09-03 22:08 | さち式線引き読解*受験国語コース | Comments(0)

「よっちゃん先生と、作文書きたい!」
そう、息子が言うんです。

なんとも、嬉しいラブコールにお応えして
お盆に、個別レッスンの出張教室に伺いました。

1年生の時から、月1回の
岡山出張教室に通ってくれていたA君。
習い事がいそがしく、どうしても時間が合わないと
ここ1年くらいはお休みでした。

それでも、夏休みの作文が
そろそろ必須になる小学校3年生。
「私と書くと、絶対けんかになります。
よっちゃん先生となら、書く!というので
ぜひ、お願いします」


テーマは、夏休みに
おじいちゃんと、お父さんと登った
「立山連峰登山」
1回目は、マッピング。
ひたすら、いろいろ思いだして
白い紙がどんどん埋まっていきます。

そして、仕上げの今回は
なんと、
母息子お二人で
岡山から新幹線で神戸・御影教室まで
いらっしゃいました。

「長男と二人きりで、こうして旅行気分で来るのも
たのしいです。いつもは、下の弟がいますから」
とお母様。

レッスンをお待ちの間は、御影のカフェにて
国語未来塾文庫からお好きな本をお持ちいただき
優雅なカフェ&読書タイムを
満喫なさったそうです。

もちろん、A君も
渾身の出来!

e0365999_18373649.jpg


一番書きたかった、「雷鳥」のことに
1枚以上費やしました。

「こんなことを思って、登山してたなんて
ほんとに知りませんでした。
作文に書かせてもらって
良かったです」

と、教室にお戻りになったお母様。

おかあさんの横で、
誇らし気に音読しているA君。
作文のしめくくりに書いた
「ぼくは、この夏いろんな経験をして
一回り成長したと思います。」


はい!その通りです。
2時間びっちり書き続けましたね。

e0365999_18373649.jpg



お二人とも、
神戸教室をいたく気に入ってくださって
なんと、9月からは、月1回
岡山から 作文コース

通ってくださることになりました。

た~っくさん思いはあるのに
ただ、書き慣れていないだけ…
今日の作文も、最後の段落に入ったところで
作文スイッチオン
雪渓のこと

最後に待ち受けていた
大階段のしんどさ 

情感たっぷりに書きました。
A君の今後が楽しみでなりません。

さあ、2学期から、
*作文習慣*はじめてみませんか。


国語未来塾は
*スポット作文レッスン
*さち式線引き読解コースともに、

体験レッスンも 受け付けております。
全てのお問い合わせは
こちらへ***

[PR]
by kokugomirai | 2018-08-25 22:30 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)

夏休みの体験レッスンに
多くのお越しをいただきまして
ありがとうございます。
 

幸せなことに
「国語で、わかった!と 初めて思った」
「期末テストの ×の理由 すっきりわかった!」
など
早速、ご入会いただいています。
よって、
9月からのレッスンも
ほぼ満席に 近くなりました。

体験レッスンして、気に入っていただいても
なかなか ご希望のお時間にきていただけないこともあり
大変、心苦しく思っております。

確実に力がつき、偏差値も安定して来た場合
線引き読解レッスンの回数を 随時減らし、
空いた時間と費用を
他の弱点科目にまわしていただけるよう
ご提案しています。

この夏休みも、月3~4回いらっしゃっていた小6さんが
苦手だった国語の偏差値が安定し
反対に 算数が下がってきた
とのことでしたので、
思い切って夏休みは1回だけいらっしゃることを
ご提案しました。

e0365999_22110254.jpg


この夏、子供たちを机の上で見守っているのは
この
「葉から芽(ハカラメ)」
正式名称:セイロンベンケイソウ

水につけるだけで
一枚の葉から、芽と根がでます。
1週間くらいで、ちっちゃな根がでて
水にぷかぷか~何とも癒されます。
朝から晩まで、中学受験組は
お弁当二つもっての夏期講習中だからこそ
なんだか、グリーンを見ると
ほっとしませんか。

e0365999_06081712.jpg



「今度の、公開模試。国語むっちゃ楽しみやわ~」
とは 大手塾に通う小6女子さん。
復習テストでも手ごたえを感じているそうで
私も、朗報、待っていますよ~!

みんなの願いが 叶う夏
国語未来塾も応援していますよ!



[PR]
by kokugomirai | 2018-08-09 22:02 | さち式線引き読解*受験国語コース | Comments(0)

「いつから、どれくらいの頻度で
来ればいいですか」


炎天下の土曜日、北区からわざわざ
体験レッスンにお越しの
中1 A君。

同じような質問を、体験レッスンの後
よくいただきます。

体験レッスンで、お子さまの現状をよく把握し
以下の3つのポイントで
それぞれの お子さまにアドバイスしています。

*目標と、その時期は?
*現状の 国語力のバランスは?
*お子さまの 他の塾・部活とのスケジュールは?


先のA君の場合は、公立上位校を目指しているとのこと。
お持ちいただいた1学期の期末テストは、平均点+10点くらい。
ただし、今まで他の塾には通ったことがない。ということで
・問題の解き方に 慣れていらっしゃらないこと、
・記述問題で、大量失点なさっていること、
・文法が苦手だということ、
・部活が、忙しく、夏休みでも週1回しかやすみがないこと。
などをお聞きし、

「まずは、夏休みは、あと2回くらい。
そのあとは、おすすめした問題集を
自宅で「線引き読解」して
月1回~2回(来られる時)に来ていただく。
ひとりでは、なかなか「線引き」のポイントは
わからないので、その時「線引き」を
チェックし、解説しましょう。」


上記のような ご提案をいたしました。
お母様は 通わせたいお気持ち満々なのですが
思春期男子君は、なかなか手ごわいです。

でも、「数学は、正解を聞くとなるほど!と納得できるけど、
国語は、正解を聞いてもなんで?と思うから今まで嫌いだった。
でも、今日は、ぼくの間違いの理由がわかった!
すっきりした!」

それは、喜んでくださいました。

小学校の、低学年・中学年でいらっしゃった場合
上記の3つに合わせて
*中学受験なさるのか。
*国語がお好きかどうか。
*漢字・語彙の力はどうか。
*国語・作文が 好きかどうか。
など、いろいろお話しながら
最も必要なレッスン内容を 必要なだけ
ご提案しています。

いつから、どのくらい始めるのがベスト!
という答えは、それぞれのお子さまの状況によって違います ので
一度、体験レッスンにいらっしゃっていただければ
ご家庭での勉強方法も含めて
アドバイスできます。

どんどんできるようになれば
回数もぐ~んと減らし、
読書感想文コースのように、
ひとまず 卒業!
もう、自分でできるよね!
という状況を目指して、 
今週も、熱い戦い、始まっています。

e0365999_21412028.jpg

低学年さんに好評なのが
「辞書引きレッスン!」
ご自宅でこんなに、ひいて
付箋をはってきてくれたのは
小2ちゃん。
「せんせ~こんなに しらべたよ」
満面の笑顔でご登場です!

国語未来塾へのお問い合わせは
こちらへ***

なお、お盆前までのレッスンは
体験レッスンも含めまして、満席です。
(11~16日までお休みをいただきます)

お盆明けの翌週からは、
若干お席が空いています。
9月から、新しいスケジュールで行いますので
大人レッスンも合わせて、
お気軽にお問い合わせ下さい。


[PR]
by kokugomirai | 2018-08-05 22:11 | さち式線引き読解*受験国語コース | Comments(0)

4年の秋から、国語未来塾に来てくれている
小6女子Aちゃん。
「娘は文を書くのが苦じゃないようです。
うらやましい!」とお母様にも言っていただけるほどに
思いを文にしたり、記事を要約する力を
コツコツ 身に付けてきました。

そして今年の5月ごろ、
『やっぱり、中学受験をしたいというんです』
とのご相談をいただきました。

阪神間という土地柄、中学受験をなさる
お子さまがたくさんいらっしゃいます。
そのために、国語未来塾とご縁があったのが
中学受験国語で、不動の人気を誇る
『さち式線引き読解』
Aちゃんにも、早速、週1回の線引きレッスンをスタートしました。

す・る・と、


1、通い始めた大手進学塾の先生に
『国語の理解力、文章力とも、素晴らしいですね!』と
大いにほめられたそうです。


2、算数や、理科はついていくのが必死だけれど、
国語は余裕

それが心の余裕にもつながっている とのこと。


3、なんと、1学期の通知表で
国語が 初の「
オール*よくできる!」

e0365999_22212564.jpg


お喜びになったお母様が、写真を送ってくださいました!
(掲載は、ご快諾いただいています)

いやはや・・・・

国語未来塾「作文コース」で、しっかり底力をつけておき
「さち式線引き読解」 組み合わせることで
受験用だけではない

真の国語の力伸ばすことができるんだなあと
わたしも 心底うれしくなりました。

この夏
新しい自分に出会ってみませんか


国語未来塾各コース
体験レッスン
随時受け付けております。
お問い合わせは

こちらへ***




[PR]
by kokugomirai | 2018-08-03 22:57 | さち式線引き読解*受験国語コース | Comments(0)

土曜日は、遠方からの生徒さんが 多数いらっしゃいます。
父の日の前日ですが、小6受験チームは
大手塾の模試の成績も気になるし、今年は作文はお休みです。
そんな中、午前中にお越しのA君。
国語の偏差値が、どうしても50に届かず、
50人中、30番台・・・でしたが、今回
なんと、50人中、初の一桁台へ
4回のレッスンで、はや、この快挙です。
「国語にも 「解き方」がある ってわかって
すっきりするから
国語未来塾が好き!」
と、言っています。とのこと。

大手の塾に4年から通っているBさん(小6女子)
算数や、理科は公式があって、
それにあてはめればいいから好き!
という典型的な理系女子。
国語でも、線を引くべきところがあって
そこにひけば、解けるんや。」
と レッスン3回で
「国語が 苦手じゃなくなりそう。
わかってきた!」
と、手ごたえをかんじてくださっています。


e0365999_00154269.jpg
紫陽花に囲まれて・・・・さあ
午後も張り切っていきましょう∼!

お問い合わせは こちらへ***



[PR]
by kokugomirai | 2018-06-16 11:47 | さち式線引き読解*受験国語コース | Comments(0)

国語未来塾の新中1さんにとって
初めての 定期テストの結果が
出揃いました。

全員平均点は、軽々クリア
女子チームは90点台続出です!


作文コース在籍の生徒さんも多いのですが
テスト前には、
随時「さち式線引き読解」
お伝えしています。
(さち先生のブログは こちら***

ピンポイントで、
文章題の読解法+解答法を明示し
テスト範囲の教科書を、一緒に線引きし
要点を整理してから試験に臨むので
効率がいいのでしょう。


e0365999_23532411.jpg
あわせて、読解力養成のためには
まず、本を読むことから…
ということで、
待合い&自習スペースには
今月のおすすめ図書を置いています。

お気軽に、体験レッスンにも
お立ち寄りくださいね。

168.png国語未来塾への178.png
お問い合わせは
こちらまで***




[PR]
by kokugomirai | 2018-06-03 00:23 | さち式線引き読解*受験国語コース | Comments(0)

水無月に入り
ますます、お問い合わせが多くなっているのが
国語が嫌いなんです特に、作文
どうやって教えたらいいのか わからないんです

国語未来塾を始めて9年、
子供たちの「国語・作文スイッチ」を探し続けてきました。
そして、見つけたスイッチの一つが
「観察作文」です。

e0365999_21584185.jpg

この日も、公園で友達と遊んでいたところを
中断して、やや無理やり?
連れて来られた小2君。
最初から、テンションが低いので
こういう日のための 観察グッズの登場です。

e0365999_22004039.jpg

小さなベランダで、収穫した菜の花のたね。
長~い鞘と、短い鞘の二つを準備し
鞘からまず、丁寧にはずします。
(このあたりから、目の色がかわります!)
中の種の数をかぞえたり
鞘の長さ・幅をはかったり
一番大きい種の直径を測ったり
におったり
つついたり・・・

そして、分かったことを書きだすと
       (大きい鞘)-(小さい鞘)
・さやの長さ :4センチ7ミリー2センチ7ミリ
・さやの横はば:6ミリー6ミリ
・種の数   :24こー13こ
・一番大きい種の大きさ:3ミリー3ミリ

さあ、これだけの材料から
何を導きだす?小2君の目が キラキラ輝き
頭が クルクル 動いているのがわかります。

同じところ、違うところを 色分けすると・・・
ハイ!センセイ!わかったで!

「二つとも、おんなじなのは、よこはばと、種の大きさやな」
「ちがうのは、たねの数と さやの長さや! わかった!」

すかさず、観察作文を書き始めます。

菜の花のたねを かんさつしました。
・・・・
つまり、たねの数は(     )によって決まります。
また、たねの大きさは(     )によって決まることがわかりました。



(    )に入る言葉は何でしょう?
作文が読解問題につながっていく瞬間です。
こういう文章が、小2君でも、スラスラとあっという間に書けるようになります。

そう、理系のお子さまにこそ
観察から生まれるロジック作文、おすすめです。

国語が嫌いになる前に・・・
一度、体験レッスンにいらっしゃいませんか。

お問い合わせは こちら***

国語未来塾には
二つのコースがあります。
*作文メインのコース
*「さち式線引き読解」コース(受験国語指導いたします)
(こちらは、阪急六甲で、大人気のさち先生から
公式の認定教室、第一号になっています)
さち先生のブログはこちら***

国語で未来を拓きましょう!


[PR]
by kokugomirai | 2018-06-01 16:26 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)


新中1のみなさんは
そろそろ初めての定期テスト、
1学期の中間テストが始まっていますね!

のんびり、じっくりの公立中学1年チームも
「はじめて」のテスト対策を!と
テスト前特別レッスンとして
「国語のワーク」「文法」の集中講義 をしています。

「いつもと違ってて(作文&読解要約メイン)、
文法クイズも面白かった!」
「そうそう、テスト前は、ワークの答え合わせ がいい!」
と、子供たちも納得。小学校との違いを 楽しんでいる様子です。

一方、ちょっぴり深刻なのは…
「もう!びっくり!
赤点とってきたんですよ~国語で!」

大手の塾に小学校1年生から通い、
血のにじむような努力をして、私立志望校に見事合格!
1時間40分くらいかけて通うことになり
塾は ちょっと休憩・・・しているうちに・・・。

ご近所のママ友さんから 上記のヘルプメールをいただき、
土曜日に 急遽体験レッスンをいたしました。
見れば、公立中学校のワークと同じ問題もチラホラ・・・

「ワークしなかったの?」と聞くと
「学校の先生は、見とくように、だけ言ってた」とのこと。
もともと、得意の算数で、国語をカバーしてきたA君。

まずは、苦手という、説明文から
じっくり、線引き解説すると
みるみる表情が明るくなってきました。
「こんなふうに、国語を 線引きして 説明してもらったのは 初めて!」
「説明文って、こんな構造になってたんや!おもしろい!」
と、その場で 次回のレッスンで、
続きの「物語文も 解き直したい!」
とご予約いただきました。

*中学受験で身に付けた 線引き読解をさらにキープしたい!
*中学受験が終わって ホットしている間に あらら・・・?

何もかもが初めてで、緊張の4月を終え、
5月は気が緩んでしまって 当然です。
ここらで、一つ、深呼吸~!

国語を得意科目にするべく
どなたでも、お気軽にいらっしゃってくださいね。
まずは 体験レッスンから・・・
お申し込みは
こちらまで***

e0365999_10462157.jpg
阪急御影駅前 徒歩1分
明るく*のびやかな教室です。








[PR]
by kokugomirai | 2018-05-28 22:50 | さち式線引き読解*受験国語コース | Comments(1)

「あんなに たくさん読み聞かせをして
絵本だい好き!だったのに…
国語のテストがいつも悪いんです
このままだと 語が嫌い になりそうで・・・」

特に、低学年のお母様からのお問い合わせには
このようなお悩みが多いです。
特に、国語の大事さを 身に染みて感じていらっしゃる
素敵なご家庭ほど、深刻なご様子…

でも、多くの場合、ご心配には及びません。
それは、
「テスト問題に慣れていないだけ」
だからです。

まずは、教科書をじっくり、丁寧に
一緒に読んでいきます。
そして、物語文・説明文、それぞれの線を引くべき個所
明確にして、一緒に線を引いていきます
この「線引き」の基本は、中学受験から、高校・大学受験まで
繋がっていく優れもの。
ただ、音読するだけではなく
ポイントをしぼって、質問しながら
ご一緒に読み進めるだけで、読解が 全く違ってきます。

私立の女子小学校に通う、作文コースの小2さん。
学校での読み取りテストの前に、
1回だけ、「さち式 線引き読解」を ご一緒にしました。
(詳しくはこちらをさち国語塾 ご覧下さい)
要点をまとめ、ノートに書いていったところ、

「先生!先週のテストで、なんと、95点 でした!
娘も、私も大喜びです!ありがとうございます」


国語が嫌いになる前に、レッスンできて、本当によかったです。

そう、国語が嫌いになる好きになるかは、
ほんとに紙一重。特に低学年の間にポイントを押さえ
「国語って けっこうできる!」
と思えれば、しめたものです。

国語が嫌いになる前に
一度、体験レッスンにいらっしゃいませんか。

お問い合わせは こちらまで***

お気軽にいらっしゃってくださいね。
e0365999_05592122.jpg
「さち式 線引き読解コース」は、マンツーマンレッスンです。
「作文コース」は、お友達お二人まで、ご一緒にレッスンできます。


[PR]
by kokugomirai | 2018-05-23 21:13 | さち式線引き読解*受験国語コース | Comments(0)