熊野古道(その2)

熊野古道 二日目。
早起きして、いよいよ 本宮を目指します。

4本ある熊野古道の一つ 中辺路(なかへじ)を通ります。
スタートは 発心門王子(ほっしんもんおうじ)
e0365999_13184072.jpg


「王子」とは、熊野権現の分霊を祀った場所で 
ちょうど、歩き疲れると「王子」があり 
昔の人も、きっとここで一息ついたのだろうなあ~と思います。
ここは「水呑み王子」

e0365999_14174005.jpg
 

お花が咲き乱れる 野中も 通ります

e0365999_13193775.jpg

最近 めったにお目にかかれない れんげ畑。
国語未来塾の子供たちにも 見せてあげなくちゃ。


e0365999_13200463.jpg

中世のころ 一番 多くの人が
この道を通って、熊野に向かったそうです。


e0365999_14315317.jpg
擦り切れた 石畳が続く古道
一体 何人の人が 
この石を踏みしめて いったことでしょう。 

e0365999_13190485.jpg
道が記憶している
その想いにふれながら 私も一歩一歩

 
e0365999_14373612.jpg

最後の「祓殿(はらいど)王子」
1201年には 藤原定家もこの王子近くの地蔵堂で
後鳥羽上皇の一行を待って 熊野本宮へ向かったとのこと。



e0365999_14375333.jpg

当時の本宮は 川原の中州にありました。
大斎原(おおゆのはら)
歩き始めて、2時間半。
とうとう、着きました。

快晴の五月の空の下 
自然と 古代と ゆたけく つながる
熊野古道 

e0365999_13181825.jpg
熊野川の河原に座って
緑色の風に吹かれて

e0365999_13180645.jpg

古へに ありけむ人も
吾のごと 熊野の若葉に 染まりてゆきぬ



e0365999_13175177.jpg
古えの 人と並んで 古道歩き
この日の思い出 絵筆にとりつ



e0365999_15255879.jpg

また 来ます。

 




[PR]
by kokugomirai | 2017-05-01 14:01 | 徒然なるままに | Comments(0)

熊野古道(その1)

連休前半の 29日・30日と 
憧れの「熊野古道」にきています。

伊勢~熊野へいたる「伊勢路」の松本峠から
海のほうへ少しおりると
坂上田村麻呂が鬼退治したという
「鬼が城」があります。
ここも世界遺産です。
e0365999_13211414.jpg
けっこうな スリル。
e0365999_13261245.jpg
USJ顔負けの 天然のアドベンチャーロードです。
熊野は、世界遺産が多すぎて、あまり知られていないけれど
ここ「鬼が城」も とっても、興味深いところです。
e0365999_13263185.jpg
日本じゃないみたいでしょう?
e0365999_13572616.jpg
そのまま 浜街道をいくと
『花乃窟(はなのいわや)神社』
e0365999_13213428.jpg
なんと、「日本最古」とあります。
イザナミさまの お墓だそうです。
e0365999_13202520.jpg
ご神体は この、地上45メートルもある窟(いわや)。
神代の昔より 花を供えて祭るので花乃窟(はなのいわや)という。
窟の頂上より かけ渡すお綱は 神と人とをつなぎ
神の恵みを 授けてくださるお綱なり

イザナミさまの霊を慰めるため お花をたくさんお供えしたのが
名前の由来だそうです。

もう少し行ったところの この岩は、何にみえますか。
e0365999_13204631.jpg
この「獅子岩」は、古来より井戸川上流のある大馬神社の狛犬として
敬愛されているそうです。
だから、この神社の境内には狛犬がいないとか。

ずっと昔から この国が大事にしてきた自然。
自然は 畏れ、敬うべき「畏怖」の存在であったことが
ここ「熊野」では 
とくに すっと 腑に落ちるのです。

明日はいよいよ 熊野大社本宮を 目指します。









[PR]
by kokugomirai | 2017-04-29 21:22 | 徒然なるままに | Comments(0)